女性薄毛は男性の薄毛と違うの?症状をそれぞれ比較

女性薄毛は男性の薄毛と違うの?症状をそれぞれ比較

髪の毛が成長するメカニズムも脱毛するメカニズムも、男女に違いはありません。しかしメカニズムが同じだとしても、薄毛になる原因は男女で異なりますし症状にも違いがあります。男性のような薄毛の症状が出ていないからといって油断すると、症状が進行してしまうので違いをしっかり理解しておきましょう。

 

男性の薄毛の症状とは

 

AGA男性側面写真

男性の薄毛の多くは、男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン」が原因で発症します。ジヒドロテストステロンは、皮脂の分泌量を増やして頭皮環境を悪化させたり、毛乳頭細胞の働きを低下させます

 

そのため抜け毛が起こるのですが、ジヒドロテストステロンは「5αリダクターゼ」という酵素が存在する部分で大量に生成されます。5αリダクターゼは、主に前頭部と頭頂部に多く存在します。

 

ですので男性の薄毛は前頭部や頭頂部から始まり、放置しておくと範囲が広がっていくのです。5αリダクターゼは側頭部にはほとんど存在しないため、男性の薄毛が進行すると前頭部から後頭部にかけてだけが禿げ上がりやすいのですね。

 

女性の薄毛の症状とは

 

女性薄毛の主な原因は、「エストロゲン」という女性ホルモンの減少です。エストロゲンには、髪の成長を促進したり寿命を伸ばす働きがあります。またキューティクルを整えて髪のツヤを出したり、内部の構造を整えてハリを保たせる働きもしています。

 

女性はエストロゲンの分泌量が多いので、男性よりも髪が美しいのですね。ですが、エストロゲンは加齢や生活習慣によって分泌量が減少してしまいます

 

すると髪が細くなってハリがなくなったり、成長期が短くなって抜けやすくなるので薄毛が引き起こされます。エストロゲンは髪全体に働いているので、女性薄毛は髪が全体的に薄くなる症状が発症するのです。

 

ただし女性にも男性ホルモンが存在するので、希に男性と同じ薄毛の症状(FAGA)が出ることもあります。女性の薄毛にも育毛メソセラピーは有効だとされています。ですので髪全体が薄くならなくても薄毛が発症していることもあるため、髪の状態はこまめにチェックしてください。

育毛メソセラピー費用比較