育毛メソセラピーと植毛の違い【費用や期間、向き不向きの特徴】

育毛メソセラピーと植毛の違い【費用や期間、向き不向きの特徴】

薄毛を治療する方法として、植毛だけでなく育毛メソセラピーも取り入れられています。どちらも自分の毛髪が生えてくるという点では同じですが、治療の方法や費用も異なります。育毛メソセラピーと植毛の違いをまとめていますので、参考にしてくだされば幸いです。

 

植毛の費用や期間

 

植毛の場合には、外科的処置で自分の頭髪を移植しますので、ある程度の確率で効果が期待できます。後頭部のAGAの影響を受けていない部位からドナーを採取しますので、生着に成功すればその後毛髪は生え続けるでしょう。

 

植毛する本数により費用は異なりますが、1度の植毛で数十万から100万円ほどが相場です。どれほど症状が進行しているか、植毛する本数と植毛方法により費用は異なってきます。

 

手術を行ってから半年から1年ほどで植毛した毛髪は定着し、生えそろいます。近年手作業による植毛の他にもロボットによる植毛方法もあるので、より高い生着率を期待できます。

 

費用と期間の注意点

 

育毛メソセラピーは育毛や発毛に必要な成分を、毛根に直接届ける治療方法です。注射などによって、頭皮に必要な成分を注入しますので、通常の育毛よりも高い効果を期待できます。

 

1回数万円で治療を行えますが、定期的に受ける必要があるので、回数によっては植毛よりも高額になる可能性もあります。育毛メソセラピーを受けてから実際に効果を実感するまで、おおよそ半年から1年ほどが必要になります。

 

ですので効果を感じられるまでの期間は植毛と変わらないでしょう。初期投資は植毛に比べて必要ありませんが、定期的にメンテナンスが必要になる点を考慮しなければなりません

 

植毛をお勧めできる人

 

1回の治療で確実に効果を出したい方に、お勧めできる治療法ですが、外科的処置であることを考えなければなりません。治療法によっては後頭部を刈り上げる必要があり、術後に傷口を覆う必要があります。

 

しばらく帽子やウィッグなどで傷口を隠さなければなりませんが、その点に問題がなければ薄毛対策として有効と言えます。刈り上げなくても植毛が可能な方法もあるので、傷口があまり目立たないように治療する事も可能です。

 

育毛メソセラピーをお勧めできる人

 

自毛植毛はドナーを採取するために手術の形式を取るため、どうしても外科処置が苦手な場合は育毛メソセラピーが良いです。メンテナンス費用も予算上問題なく、育毛や増毛では十分な効果を実感できない場合に、育毛メソセラピーを検討できるでしょう。

 

特別な副作用の心配もないため、自毛植毛は考えていないものの、育毛よりは効果が欲しい時に育毛メソセラピーがお勧めです。

 

育毛メソセラピーと植毛にはどちらもメリットとデメリットがあります。今までに試してきたAGA治療と、治療によってどのような効果が出たのかによってもどちらの治療法を選択するか分かれるでしょう。医師とよく相談をして、どちらの治療法がより効果が期待できるか判断すると良いでしょう。

育毛メソセラピー費用比較