AGA治療薬を服用するなら子作りは待った方が良いの?

AGA治療薬を服用するなら子作りは待った方が良いの?

AGA治療薬には、フィナステリドが配合されているものがあります。フィナステリドの副作用として、妊婦さんが摂取すると新生児奇形や男児の性器の発達障害などのリスクが挙げられます。では、妊娠する前の段階で男性側がAGA治療薬を摂取するのは大丈夫なのでしょうか。

 

フィナステリドの精液への影響

 

結論から言うと、子作りをしている男性がフィナステリド配合薬を摂取しているとしても、精液に移行することはほとんどありません。これは、AGA専門クリニックなどの医師に確認をすれば分かることですが、男性であればAGA治療中の子作りは特に問題ないとされています。

 

ですが精液への影響がないのは、あくまでも用法用量を正しく守って摂取しているというのが前提です。

 

例えば、有効成分の含有量に対する規定が日本よりも高い外国のフィナステリド配合薬を、自己判断で摂取している方に関しては影響がないと言い切れません。フィナステリドの摂取量が多ければ、精液へ移行する量も増えることになるので気をつけてください。

 

AGA治療薬による子作りへの影響

 

用法用量を守って、医師の指導のもとでAGA治療薬を服用しているのであれば、いつ子作りを始めても大丈夫です。ただ、フィナステリドによる胎児への副作用の心配はないものの、子作りに対しては影響があるのです。

 

某大学の研究では、フィナステリドを服用している人を対象にした調査によって、不妊症の割合が高くなることが分かっています

 

もともと、フィナステリドの副作用の中には性欲減退や勃起障害などがあるため、思うように子作りが進まない可能性が高いのです。

 

AGA治療をしながら子作りをするには

 

まとめると、AGA治療薬は胎児への影響はないものの、子供が出来づらくなる可能性があるということになります。ですので、子供は欲しいけど薄毛の進行は避けたいという方は、どうすればいいか迷ってしまいますね。

 

ですがフィナステリドによる性欲減退や勃起不全などの副作用が発症するリスクは、服用者の1割程度と言われています。つまり、それだけリスクが低いのですから、基本的に子作りには問題ないと言えるでしょう。

 

それでも心配だったり、実際に子供ができない場合は、医師に相談して摂取量を少なくするなど治療を継続しながら子作りが出来る環境を整えるといいですね。

 

AGA治療薬に関する胎児への影響は、男性よりも女性の方が気をつけなくてはいけません。フィナステリドは皮膚からも吸収されますし、少量の粉末を吸い込んだだけでも影響を与えるので、女性には絶対に近づけないことが大切です。

 

これだけを守っていれば子作りをしながらAGA治療を続けることは問題ないので、子作りも治療も焦らず気長に続けていきましょう。

育毛メソセラピー費用比較